活地鶏専門「かしわの川中」 近江しゃも、名古屋コーチン、淡海地鶏などの地鶏肉を産直販売

活地鶏専門 生産直売 かしわの川中
活地鶏専門 かしわの川中

地鶏料理レシピ

地鶏ローストチキンの作り方

作り方

  • 作り方<1>
    <1>
    淡海地鶏の雌のローストチキン用丸鶏です。この鶏の特徴は、適度な歯ごたえと香ばしさと旨い脂・・・バランスでは、他の鶏の追従を許しません。
  • 作り方<2>
    <2>
    しり脂を腹腔内より、取り出します。脂は、あとで使いますので、よけておきます。
  • 作り方<3>
    <3>
    おなかの中、表面をきれいに洗って、水を切ります。
  • 作り方<4>
    <4>
    天然塩を手にとって、地鶏全体をまんべんなく刷り込みます。
  • 作り方<5>
    <5>
    天然塩を手にとって、地鶏全体をまんべんなく刷り込みます。
  • 作り方<6>
    <6>
    天然塩を手にとって、地鶏全体をまんべんなく刷り込みます。
    おなかの中も、たっぷりめに、刷り込みます。
  • 作り方<7>
    <7>
    かたちを整えます。
    手羽先をもって、背中にまわすように・・無理にやって、関節を折らないように注意してください。
  • 作り方<8>
    <8>
    かたちを整えます。
    手羽先をもって、背中にまわすように・・無理にやって、関節を折らないように注意してください。
  • 作り方<9>
    <9>
    かたちを整えます。
    手羽先をもって、背中にまわすように・・こんな感じが、仕上がりです。首皮を広げておいてください。
  • 作り方<10>
    <10>
    かたちを整えます。
    タコ糸を適当な長さ(60cmぐらい)に切って、三角(ヒップ)の根元のくびれ部分を縛ります。タコ糸は、左右同じぐらい残すようにしてください。
  • 作り方<11>
    <11>
    両足を三角(ヒップ)に引き込むように縛ります。
    両足は、きっちり、そろえて(開かないよう)しっかり縛ります。
    焼きあがりに影響する重要ポイントです。
  • 作り方<12>
    <12>
    味にメリハリをつけるために黒胡椒をふります。
    この工程は、省略してもけっこうです。
  • 作り方<13>
    <13>
    ひとまず、下ごしらえの完成です。
    この状態で1~2時間室内に放置して、地鶏の温度を室温と同じくらいにします。
    焼き上がりに影響する重要ポイントです。
  • 作り方<14>
    <14>
    塗り脂をつくります。
    鍋に最初に取り出した脂を入れて火をつけます。
    じわじわ、脂が溶け出します。
  • 作り方<15>
    <15>
    塗り脂の完成です。
    地鶏を焼くのに、同じ地鶏の脂を使う・・・
    完璧です。
  • 作り方<16>
    <16>
    いよいよ、焼きにはいります。
    オーブンは、200℃に予熱しておきます。
    オーブンに入れる前に脂を刷毛でぬります。皮のはじけ防止の為、ももの付根、腹の最高部は、たっぷりと塗ります。
  • 作り方<17>
    <17>
    内部の様子を見ながら、表面が乾いてきたら、何度も手際よく脂を塗ります(受皿の脂)。
    仕上がり(色・皮のやぶれ)を左右する重要作業です。オーブンにもよりますが焼き上がりまでの所要時間は約1時間強が目安です。
  • 作り方<18>
    <18>
    焼き上がりの確認
    丸鶏を取り出して、お尻を下に傾け、透明または、黒ずんだ液体が出たら、焼き上がり。
    鮮血用の液体が出てきたら、あと少しです。めちゃくちゃ熱いですから、料理用手袋で・・・
  • 作り方<19>
    <19>
    地鶏ローストチキンの焼き上がりです。
  • 作り方<20>
  • <20>
    地鶏ローストチキンの盛付例です。
ページトップ
ページトップ